ザクを作れなかったおっさんが、再びガンプラに挑む【その2】

IMG_4547

ガンプラに挑む決意をし、ニッパーがなかったことをいいことに滞って(というか滞らせて)おりました。

前回のブログ

 

再開のきっかけは「あれ、ザクは作らないんですか?」

…ということで、早速開封の儀から。

 

ちなみに、前回はここで止まって(止めて)おりました。

IMG_4535

 

随分前の記憶だと接着剤が必要でしたが、今やそんなものは必要ありませんよ。

いや、接着剤は本来、溶剤だというのをパンクブーブーの佐藤さんが言っていたので、必要なのは必要なんですが、溶剤をいつか極められるまで、初心者らしく作ろうと思います。

 

プラモデルの製作には、パーツを切り取るためのニッパー(プラニッパー)が必要なので、ヨドバシカメラ・ヨドバシマルチメディアAkibaで購入してきました。多分これが一番安いものだと思います。

IMG_4536

 

そして、開封へ。

IMG_4537

パーツはたったこれだけです。ちなみに、今回作ったものは「ファースト・グレード 1/144スケール」という、300円位のプラモデルです。

 

まずは、基本となるフットの制作から。

説明書に基づき、ニッパーで切って(ひたすら)はめ込んでいく作業です。

IMG_4538

 

説明書通りに置いてみました(真ん中のパーツが何気に逆向きですが)。これを組み立てたら、

IMG_4539

 

こんな感じに出来上がります。

これを見ると、ザクって内股なのか?と思ってしまいます。

そして、

IMG_4540

ザクのフット部分ができました。

IMG_4541

 

ここまで作って、思ったことがあります。

 

なんで、二十数年もやんなかったんだろうか、と。

人間であれば、とっくに成人してます。

下手すると、結婚して子供が生まれてます。

 

…急に震えてきました。

 

 

そんなことをふと考え、会社のメンバーに散歩してくることを伝え、ふらっと散歩に出かけました。

 

 

今日の最高気温は21℃。

景色を眺めると、外の陽気も手伝ってか、のどかに感じます。

 

そういえば、まだアーム部分を作ってないことを思い出したので、再び事務所へ。

そして、アーム部分を作ります。

IMG_4542

で、できたのがこれ。

IMG_4543

ザクの魅力の1つは、無骨なシールドです(個人的見解)。

 

 

そして、ガンダムを語る上で、ザクは欠かせません。

なぜなら、ザクがいないとグフも成り立たないからです。

あの、ランバ・ラルさんも言ってるではありませんか。ええ。

ザクがいないと、こんな名台詞は生まれなかったでしょう。ええ。

 

横道にそれましたが、そろそろ佳境に入ってきました。

頭部とボディに着手します。

IMG_4544

 

頭部です。

ジオン軍のモビルスーツといえば、モノアイです。

見えませんが。

 

IMG_4545

 

ほぼ出来上がりました。

やはり若干、内股が気になります。

 

作り方が悪いんだと思い何度も確認しましたが、やはり間違ってませんでした。

IMG_4546

 

とうとう仕上げです。

ようやく完成が見えてきました。

プラモデルを作ろうと決意し、買ったのにかかった時間はおそらく二十数年。

箱を開けたのがそれから約二年。

前回のブログから約二か月。

 

本当にアホだったなと思います。

もはや童心を忘れてしまってます。いけません。

大人が忘れてはいけない心とは、まさにこれではないでしょうか。

IMG_4547

 

そして、完成です。

IMG_4548

 

やっぱり内股です。

どこからどう見ても、内股にしか見えません。

何で?

 

 

ということで、作った時間は約30分。

とっても簡単でした。

 

そしてザクに教えてもらいました。

プラモデルを作る時間位、余裕があるのが大人だと。

本当か?

 

次は、デルタガンダムをスルーし、ガンダムとシャアザクに挑戦します。